為替で儲けられるか?

株ほどではありませんが、外国為替はハイリスクハイリターンという感覚はぬぐえません。実際に大もうけしている人もいますし、損をしている人も多数います。外国為替で利益を出せるようにするには、それぞれの特性をとらえてタイミングを計ることが重要です。

まず外貨預金ですが、金の相場程ではありませんが為替のレートが非常にゆっくりです。なので何年貯めていてもそこまで大損はしないと思いますが、大儲けもできないと思われます。また定期預金にすると満期の時期まで基本的には解約出来ませんので、ある意味預けたら預けっぱなしという感覚になります。手数料が高めというのも痛い所です。

次にMMFですが、手数料が外貨預金よりは低めの設定となり、安全な取引の上に税金がかからないというのもメリットです。しかし多少掛け金が高めの設定というのがほとんどのようで、FXに比べたら手数料も高いです。

最後にFXですが、手数料がとても安いということと、為替レートの変化が激しく売り買いのタイミングがより多いと言うことが出来ます。なので外貨預金の額と同じ証拠金で始めるとして、レバレッジ1倍だとしても、お得だということです。ただそこまでやる気のない人、売り買いを激しくやりたいわけではない人には心が休まらないので、やる気のある人に限られるという気がします。

例えば子育て中で仕事もしていて、忙しくてなかなか為替レートをチェックできない、それでも外国為替で資金をちょっとでも増やしたいと漠然と考えている人には、やはり外貨預金がいいでしょう。独身で夜はパソコン漬けでレートを細かくチェックして売り買いを実践したい、そういう人にはFXがあっています。自分にあった為替は何かを見定めて、資産を運用することがおすすめです。

2013年 10月 21日 | Posted in 為替を理解して資産運用
タグ:
コメントは終了しています。